PETER AERTS SPIRIT ルール

第1条
試合はルールに則った技により、キックボクシングの技術・体力・精神を競い勝敗を決する。

第2条
試合場は、原則として5m以上7m以内の安全を考慮されたリングで行う。

第3条
選手は規定のTシャツとキックパンツを着用し、ゼッケンを背中につけること。

第4条
審判員(主審)は選手の安全に十分な注意をはらいダメージを的確に判断できる者でなければならない。

第5条
審判員(副審)は選手の攻撃(ダメージやクリーンヒット、積極性や支配性など)を公平に判断できる者でなければならない。

第6条
計量は当日試合開始2時間前に行い、規定体重をオーバーした選手は失格となる。ただし、計量後1時間以内に規定の体重まで落とした選手は出場を認める。

第7条【試合方式】
①トーナメント方式で行い優勝者を決定する。
②ワンマッチで勝者を決定する。(延長戦は行わない)

第8条【試合時間・ラウンド数】

カテゴリーS カテゴリーA カテゴリーB カテゴリーC
試合時間 3分 2分 2分 1分30秒
ラウンド数 3ラウンド 3ラウンド 2ラウンド 2ラウンド

第9条【出場資格】

カテゴリーS カテゴリーA カテゴリーB カテゴリーC
年齢 一般部 一般・高校生部 中学生・高校生・一般部 小学生部・壮年(40歳以上)部

第10条【試合開始・終了】
試合はタイムキーパーの正確な計測とゴングにより開始及び終了する。選手は所定の位置に戻り主審の勝敗の宣告を受け終了する。試合中は一切主審の指示に従わなければならない。

第11条【ポイントの規定】
カテゴリーCに関しては、ルールに則った技で副審2人以上が支持する的確な攻撃が当たった場合、試合を中断してポイントを宣する。

第12条【防具】

カテゴリーS カテゴリーA カテゴリーB カテゴリーC
頭部 タイプA タイプB タイプC タイプC
胴部 なし なし あり あり
脚部 膝・脛サポーター 膝・脛サポーター 膝・脛サポーター 膝・脛サポーター
グローブ 重量級12oz、中量級以下10oz 重量級14oz、中量級以下12oz 16oz 専用グローブ
金的・マウスピース 必着 必着 必着 必着

ヘッドギアについて

タイプA バッティング時の裂傷を防ぐための薄いヘッドギアを使用
タイプB 頭部保護のための肉厚なヘッドギア
タイプC 顔面中央部をガードする鉄芯入りのヘッドギア
タイプD 顔面部をガードする鉄製の網張りのヘッドギアア

第13条【勝敗】

カテゴリーS カテゴリーA・B カテゴリーC
KO ①突き・蹴りによる攻撃で5秒以上のダウン
②1ラウンド中に二度の4秒以下のダウン
③主審がこれ以上の試合続行が不可能と判断した場合
Sと同じ ①~③に加えて、先に10ポイントに達した場合
TKO ①適正な技術でのダメージ及び出血があり、
ドクターがこれ以上の試合続行が不可能と判断した場合
②偶発性のアクシデントで試合続行が可能な選手
Sと同じ Sと同じ
判定 副審3名中、2名以上の支持があった場合、判定勝ちとする
(カテゴリーSについてはジャッジペーパーを使用)
Sと同じ Sと同じ
失格 ①主審の指示に従わない場合
②重度の反則を犯した場合
③規定の体重をオーバーした場合
Sと同じ Sと同じ
延長戦 本戦で決着の付かない場合1ラウンドの延長戦を行う Sと同じ Sと同じ

第14条【有効技】
パンチ  ストレート、フック、アッパー、バックハンドブロー
キック  前蹴り、廻し蹴り、横蹴り、後ろ蹴り、後ろ廻し蹴り、内股への蹴り、飛び蹴り、片手でつかんでのヒザ蹴り、顔面へのヒザ蹴り、胴廻し回転蹴り、かかと落とし

第15条【反則技】
頭突き、ヒジ打ち、両手でつかんでのヒザ蹴り、故意による金的攻撃、投げ技、関節技、目突き、噛みつき、倒れた相手や背後からの攻撃、試合着やロープをつかんでの攻撃、手足をつかむこと、ストップの合図後の攻撃、攻防の流れを止めるクリンチや打ち合いをさける消極的な行為。主又は相手選手に対して侮辱的あるいは攻撃的言動。

第16条【反則行為に対するペナルティ】
ダメージをともなわない軽微な反則については注意とする。同試合中に同じ反則を犯した場合は警告となる。
ダメージをともなう反則の場合は減点1もしくは2を与える(反則行為のダメージにより試合続行が不可能な場合は減点3となり失格となる)。1試合中減点が3になった場合は失格となる。

第17条
勝敗の判定は副審3名によって行われる。各審判は、勝敗の決定に対し平等の1票を持つ。試合の勝敗は2票を獲得した選手を勝ちとし、他を敗者とする。もし2票に達しないときは、引き分けとする。

第18条【禁止行為】
グローブをひもやテーピング等で固定することを禁ずる。

第19条【出場停止】
本大会に出場し、頭部への攻撃でKO負けを宣された選手は安全管理上以後3ヶ月、又、失格を宣言された選手も以後3ヶ月間に渡り本大会への出場は認めない。

第20条【出場禁止】
てんかんや脳・頚椎・脊髄及び心臓等の病気を患っている人、酒気帯および法的禁止薬物使用者の出場は禁止する。

第21条
実力の判断に必要な申込用紙に経験や実績等について虚偽の申請をしたとき、以後本大会への出場を認めない。

第22条
選手は審判員の宣告に対して異議の申し立てを行うことはできない。

第23条
本大会規定に定められていない問題が生じたとき、大会会長、審判長、審議役の合議によって、これを処理するものとする。